のんべんだらり 時々 ○○


日々の徒然
by さよ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

鼓室形成術(手術当日その②)

(前回からの続き)

手術は一応無事終わって病室に戻りました。
そこには心配そうな顔をした両親が。両親は前日から病院近くのホテルに宿泊し、朝方から病院にきて手術前の私を手術室に見送ってくれたのです。・・・感謝。






でも私はとてもトイレに行きたくって、両親には病室の外に出てもらっておトイレを。
ぶっちゃけますが、術後は絶対安静で翌朝まで動いたらダメなので、この日1日のおトイレは看護士さんに処置してもらいます。
初めての介護体験・・・。こちらも恥ずかしいですが、それ以上に看護士さんたちってホントに偉いなーとつくづく思いました。
世の中には怖い看護士さんもいると聞いていましたが、今回担当頂いた方はみなさんとても優しく接して頂き、とても癒されました。(このブログ読んでる方はいないと思いますが)この場をかりて心からお礼申し上げます。

後から両親に聞いたのですが、手術は3時間の予定が結局5時間弱かかっていたそう。
先生の説明では、炎症が結構ひどかったので、徹底的にキレイにしたため、時間がかかったそう。
それでも骨の入れ替えはしなくて済んだそうです。

5時間かかればトイレにも行きたくなるわな・・・。
おかげで手術の後半目が覚めちゃったよ・・・。

さて、この日は時間の感覚がほとんどありません。
頭は動かせないけど、手は動かせるので何人かの友人に「無事終わったよ」のメールを送りましたが、メールを送ったつもりが、実は夢だった、なんてこともあり、麻酔のせいか、夢と現実をいったりきたりの時間が数時間あったようです。

この日は終日飲食禁止。点滴で水分と栄養を補います。
夜、麻酔がきれたころに痛み止めの点滴を1回入れてもらったおかげか、痛みは感じずに一晩過ごすことができました。

手術当日のおトイレについては開き直って看護士さんに助けてもらいましたが、やっぱりできることなら1回でも少なくしたいもの。なので、翌朝起床時間前におトイレに行きたくなったけど、我慢して、朝一番の看護士さんの巡回時に許可をもらい、術後初めて自力でトイレにいきました。
(もしめまいがでたりしたら危ないので、術後初めての歩行は看護士さんがそばにいるときでないとダメなのです)

いやもう、この時の嬉しさといったら!
自力でトイレにいけるってすばらしい!なんて思ってしまいました。

なんかトイレの話ばっかりで申し訳ないですが、ホントに手術当日はおトイレに翻弄された
1日だったと思います。

(まだまだ続く)
[PR]
by jb_love | 2012-01-11 22:50 | 耳のこと

フォロー中のブログ

メモ帳

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

改めまして・・・
at 2012-07-01 00:00
Gendama紹介
at 2012-03-08 23:00
ブックオフ売り上げ
at 2012-02-21 22:32
なんだかな
at 2012-02-09 20:18
鼓室形成術(術後状況②)
at 2012-01-16 20:00

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧