のんべんだらり 時々 ○○


日々の徒然
by さよ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鼓室形成術(手術当日その①)

手術はその日の9時からでした。

当日は朝から不安がる暇もないくらい決められた流れでことが進みます。
当日は食事は禁止(前日の夕食までは可)、6時前に薬を飲んだのを最後に、飲み物も禁止。
8時までの間に手術する方の耳近くの毛剃りを院内にある散髪屋さんで済ませます。

(興味のあるかたはMore・・・をどうぞ)




何が嫌って、この毛剃りが一番嫌でした。
だって、耳を中心に半径3~4cmにある髪の毛を全部かみそりで剃っちゃうんです。もみあげまですっきりと。
おばはん年齢とはいえ、心は乙女。分かってたけどこれは結構ショック。
耳周り以外の髪はさわられないので、耳の上の髪の毛で、ある程度は隠せるけど、風で髪の毛がなびくとその下は青々とした地肌。
散髪屋さんに「はい、できあがり!ひと月1センチ!」と言われました。(涙)

ま、そのうち伸びるさ!と自らを励ましつつ、部屋に戻り、その後8時と8時半2回にわけて
麻酔注射を計4本打たれます。
この注射の影響でいつのまにか眠り、そのまま手術室へ。
全身麻酔とは違って、意識はあるので、手術室についたら一旦起こされ、移動用ベッドから
手術用ベッドへずれるように看護士さんに言われ、「はいはい」と寝たまま移動。
移動したら顔を横に向けられ、耳のところだけ穴のあいた布をかぶせられ、
「あぁ始まったな」と思っているうちに再び意識は遠のきます・・・。

・・・どれくらい時間が経ったのか、ふと「トイレ行きたい!」という強い思いで目覚めます。
けど、あきらかに手術の真っ最中。痛くはないけど耳の後ろで何かされているという感じ。
「まだ途中なんだ。でもどうしよう、すごくトイレ行きたい。あとどれくらいかかるんだろう。トイレ行きたいって言った方がいいのかな。」と考えているうちにどんどん意識が覚醒していく・・・。
先生と助手さんが話してる声、でっかいデジタル時計、その下にモニター。たぶん映ってるのは私の耳の中?布の下からだからイマイチよく見えない。暑い。それにしてもトイレ行きたい。あとどれくらいなんだろう・・・。

とか考えてるうちに頭をぎゅーっと押さえ込まれた。今から思うにたぶん縫合されてたんだと思う。
それから程なくして手術終了。
また看護士さんに移動用ベッドに移るよう促されて寝たまま頭を支えられた状態で移動。
手術室をでた(と思われる)ところで看護士さんに「病室に戻ったらすぐトイレにいかせてほしい」と訴えてしまいました。恥。

(長くなったので続く)
[PR]
by jb_love | 2012-01-11 21:59 | 耳のこと