のんべんだらり 時々 ○○


日々の徒然
by さよ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鼓室形成術

あけましておめでとうございます。
PCの調子が悪く(とても遅い)、なかなか思うように更新できてませんが、今年はもうちょっとマメに更新したいなと、今のところは思ってます^^;

さて、私の年末年始ですが実は「鼓室形成術」という手術を受けるため入院しておりました。
年明け早々のネタが病気ネタとはあんまりおめでたくない話で恐縮ですが、同じ手術を考えられている方の参考になればと思い書き残すことにします。




私は小さいころから急性中耳炎にしょっちゅうかかっていました。急性中耳炎にかかると鼓膜を切開し、中耳にたまった膿を外に出して治療します。通常鼓膜は切っても自然に再生するのですが、何度も繰り返すうちに、20歳くらいの頃には鼓膜に穴があいたままになってしまいました。要するに「慢性中耳炎」になってしまったのです。
鼓膜に穴が開いてることで音の伝達が悪くなり、聴力も落ちるし、中耳に細菌が入りやすくなり、炎症を起こしやすくなります。炎症がひどくなると音を伝える骨にも影響がでてきます。骨にまで影響が及ぶと難聴も進み、治療がより困難になるそうです。

かかりつけのお医者さんには以前から手術を勧められていたのですが、仕事の都合もあるし、聴力が落ちているとはいえ、聞こえない訳ではないし、2010年までは炎症を起こす回数も2~3年に1回くらいだったので、だましだましやってきたのですが、2011年の夏ごろから炎症が治らなくなってしまいました。今までは抗生物質を決められた期間飲めば治っていたのが、抗生物質が切れたとたんまた炎症をぶりかえすようになり、それを3回くらい繰り返した時点で、「潮時か」と思い手術を決心しました。

(続く)
[PR]
by jb_love | 2012-01-07 21:56 | 耳のこと